鰍沢町  U邸
耐震補強工事(小澤工務店オリジナル)

設計/施工 小澤工務店

着工前  着工前バルコニー 着工前 スラブ式
完成 完成 完成

 着工前  バルコニー下広縁
雨漏りあり シミが・・・

着工前 和室6帖

着工前 和室6帖〜8帖
完成 広縁 完成 納戸4帖向こう側 完成 和室10帖
補強工事
 
解体スラブコンクリート 同左 スラブ撤去完了
45*105筋交い設置(4倍)
火打ち金物設置
 同左  広縁側 ダイライト かべ大将(2.3倍)下地
 
下地  張り込み完了 広縁 張り込み完了 和室
 

工事データ
耐震診断結果 (0.47   倒壊又は大破壊の危険があります)を補強工事の結果 (1.39   一応安全と判断します)迄、上げられました。

昭和45年竣工の在来工法2階建て屋根瓦葺き、バルコニーはデッキコンクリート式台風時には雨漏りも確認できました。
まず、南側の壁の少ない所の屋根、コンクリート約1.5A(3.4t)の荷重を撤去を行いました。
赤い線の部分にダイライトかべ大将(2.3倍)を17カ所設置し、赤の点線(壁長さ1.2m)には45*105たすき掛け筋交い設置を施工しました。
また、水平抵抗力の火打ち梁が、隅部(3カ所)しか入っていなかったので、金属製火打ちを新規10カ所設置しました。