富士川町   O邸

 涼温換気のすごい家!

長期優良住宅(耐震等級3最高グレード)

設計/ 施工:小澤工務店    お客様の声

南面
 
南西面 南東^^;;

思い出が詰まった住まい 解体工事完了、地縄張り
  
地鎮祭(雨ふって地固まる) 基礎配筋完了(構造計算による)
  
基礎一体打設 耐震等級3の基礎工事完了
 
建て方完了。 TIP工法(お施主様のこだわり)
  
屋根断熱 ポリスチレフォーム保温材第3種t=30、t=40
の二重張り気密テープも2回貼りました。(^-^)/
壁断熱 ポリスチレフォーム保温材第3種t=50
アイジャクリ加工品高いです。^^;;
 
屋根・壁内側充填断熱材 マグオランジュ t=105 16k 耐震等級3の軸組です。

(温熱環境等級4) 
熱損失係数1.885w/m²k
日射取得係数 0.039のグレード

この家の目玉と言っても良い、センターダクト2本設置! お施主様こだわりの気密測定!
相対隙間0.3cm²/m²の隙間です。≒64cm²

玄関ホール 
収納たっぷりの下足収納!一部防災グッズも入れるとか!
LDK ≒25帖 
テーブルは奥様専用火事用H=67cmと奥様合わせ
仏壇スペースも隠れています。
キッチンからリビング 右側ニ見える食品庫&勝手口 システムキッチン
奥様こだわりのパナソニックSシリーズ L型 キッチン+カップボード
オーダーメイド カウウター高さ77cmとちょっと低め
和室6帖 大壁仕様 UB TOTOサザナ 1.25坪タイプ 
洗面・脱衣室
収納棚ozakoつくりました(^-^)/
洗面化粧台棟は将来車いすでも対応可能!
寝室
クロゼットたっぷりの収納洋服パイプ
H=160cmとやはり低め
1坪トイレ
まだまだご元気なお施主様ですが!
将来を考えると・・・
屋根裏収納
機械室兼用ですが、たっぷり過ぎる屋根裏収納です。
旦那様趣味の尺八も気兼ねなくできると思います。(^-^)/
涼温換気システム心臓部!上に2.5馬力(≒12帖用)エアコン
下に熱交換型換気扇(24H換気兼用)
気密の良い家の吸排気口!
手前は吸気パイプのフィルター、PM2.5も花粉もシャットアウト!

 

お施主様は、「いい家」が欲しい。の本から、家づくりを検討されていました。いろんな現場を見学して研究されていました。そんな中、昨年弊社の「家づくり相談会」のチラシを見てお電話頂きました。そして、シムテム・外張り断熱・構造(耐震等級3+α)と、弊社得意分野と初めて聞く工法と、勉強させて頂きながらの打合せを重ねました。

小平市のマツミハウジング(株)さんにも一緒に、説明会出席させて頂きました。その後、松井社長さんをはじめマツミのスタッフの方々から教えて頂きながら、涼温換気システムの施工を致しました。

今回勉強させていただきながらと、家づくりのご用命を頂いた、O様ご夫婦にはほんと感謝しています。ありがとうございました。m(_ _)m

 

基礎: 鉄筋コンクリートべた基礎 
工法: 木造在来軸組工法/平屋建て 耐震等級3
外壁: サイディング t=15(通気胴縁)
屋根: 洋亙 ローマンLL40 
建具: YKKap430,330(樹脂サッシ+トリプルガラス)   

建築面積       121.45u
延べ床面積
      
111.79u/3.31=33.81坪
工事施工面積   166.04u/3.31=50.22坪

仕上げ(床・壁・天井)

玄関ホール:300角タイル    ビニールクロス張り   ビニールクロス張り
LDK: ナラフロ^リング t=15   ビニールクロス張り   ビニールクロス張り

お施主様より

家を建てていただいてから この8月で1年になります。サッシやドアの不具合を直していただいたぐらいで1年無事に快適に過ごすことができ、この家を建てていただいてよかったなと思っています。ほんとうにありがとうございました。

冬の寒さも夏の暑さも感じることもなく家全体が同じ温度でとても快適です。一日中温度が一定なのが今までとあまりに違って不思議なくらいです。予備でリビングに付けていただいたエアコンも使うことなく今は室温27°です。

なんといっても電気代が安くすんでいることもおどろきです。照明器具をLEDにしたこともあるからかと思いますが、この暑い7月でも9000円ほどでびっくりしているところです。

建築中はうるさい施主で不愉快な思いをされたこともあったと思いますが こだわって建てた家に満足しています。いろいろありがとうございました。住んで1年になる節目に今の気持ちをお伝えしたく筆をとりました.忙し中この近くを通った折にはよってみてください。

まだまだ暑さが厳しいと思いますが、お体に留意されがんばってください。
ほんとうにありがとうございました。

 

 

                                

このページのトップに戻る