断熱性能について

快適で過ごしやすい注文住宅

 
断熱材を敷き詰めた壁の写真
 

断熱性の高い家は夏は涼しく、冬は暖かく快適な生活を過ごすことができます。室内の温度を外に逃さず、屋外の気温に影響を受けにくいのでエアコンなどの電気代の節約にもなります。

断熱性能等級4

高気密・高断熱の注文住宅

 

長期優良住宅の条件でもある断熱等性能等級4の高断熱・高気密の住宅を施工します。基礎から天井までしっかりと断熱材を使用していきます。以下が施工例になります。

基礎部分の断熱対策

基礎断熱採用→押出法ポリスチレンフォームt=50 第3種

窓・サッシ部分の断熱対策

窓 樹脂サッシ Low-eガラス(ペアまたは真空トリプル)

壁部分の断熱対策

壁は,高性能16K グラスウールt=105

天井部分の断熱対策

天井は高性能16k グラスウール t=150二重

Ua値0.38

ZEH住宅のための断熱性能値

 

Ua値とは、断熱性能を示す数値です。長期優良住宅の条件である断熱性能の等級4のUa基準値は0.87以下です。Ua値が低いほど高断熱・高気密な住宅ということになります。ozako小澤工務店が設計・施工する注文住宅では等級4の中でもさらに高い断熱性能を目指し、Ua値0.38の高断熱・高気密の住宅をご提案いたします。Ua値が低ければ低いほどゼロエネルギー(ZEH)住宅としての機能性も高くなります。

 

皆様のこだわりをカタチにします!
まずはお気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら

TOP